2008年08月07日

宝くじを付けたらどうかな?

<国民年金保険料>納付率63.9%…2年連続低下

一度失った信頼を取り戻すのは難しいのかもしれませね。

政府や役所は大した手も打たない上に、ニュースやワイドショーでは、年金に関する負の一面ばかりをクローズアップするものだから、こういった情報が溢れる中で、今まで払っていなかった人が払うようになるなんていうのは、まぁ少ないでしょう。納付率が低下するのは当然です。

では、どうすれば良いのですかね。いくら国民年金はどの民間の個人年金よりも優れた金融商品だと喧伝したって、すぐに納付率が改善するとは思いません。そうこうしている間に税金が投入されて年金の給付額も引き下げられ、損をするのはちゃんと収めている国民です。

そこで思ったのが、何かビックリするような付加価値を年金に付けてはどうかと思ったのですが・・・

そう、例えば年金に宝くじを付けたらどうでしょう。

年金を納めて当選したら、年金に6億円を上乗せするとか。ヤッタァー
結構、宝くじが当たったらどうする?なんて会話になった時に、「貯金をする」って答える人もいますからね。

まぁ、今後の仕事にも差し支えるかもしれないので・・・
バカな話はこの辺で止めときます。

でも、このままではダメなことは分かっている訳ですから、何かしないと不味いですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000033-mai-soci


川野社会保険労務士事務所
http://www.syaroushi-office.com/


posted by 社労士さん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。