2009年08月07日

悲しい事実

のりピーが失踪したというニュースを見た時にも、もしかしたらのりピーも薬をやっているのでは、と少しは思っていたけれど、事実として突きつけられると、何とも言えないこの悲しい感じは何なんでしょう。

ボクは、中学生頃からのりピーこと酒井法子のファンで、CDや写真集を買ったりしていました。

アイドルの王道を行っていたのりピーの無邪気でお茶目な部分と、時折見せるしっかり者でクレバーな部分が好きで、中学生の頃は「絶対にのりピーと結婚するんだ」なんて思っていたりもしたのですが・・・

最近においては、ファンと名乗るのもおこがましい程度でしかなったんですが、このニュースを知った時、移動中だったのですが、昔の思い出がブヮッて溢れてきて止まなくなったのです。

好きだった曲のフレーズや、あの無邪気な笑顔。

中学生の頃、ウチに遊びに来ていた友達がふざけて写真集にキスしようとしたのを必死になって阻止したこと。

紅白歌合戦に出たい出たいとずっと言っていたのりピーが、初めて「碧いうさぎ」の出場が決定した時に、はちゃめちゃ嬉しかったこと。

そんな楽しかったはずの思い出が、何故か全て灰色になってしまって、本当に凹みます。

でも、とにかく今は、無事であればそれで良いと思ってます。

是非とも、出頭する勇気を見せて欲しいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090807-00000567-san-soci
posted by 社労士さん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

モラルの無い会社で良いサービスは出来ない

サービス残業の問題は尽きませんね。

社員の幸せを無視して、顧客に良いサービスを提供し続けることなんて出来る訳がありません。

利益を追求するあまりに、売上を伸ばすことを忘れ、経費削減の方に目が向いてしまった企業に勤める人たちは悲惨です。

仕事もつまらなくなる上に、給料まで少なくなってしまうのですから・・・

会社が社員を雇うには、ある種の覚悟が必要です。
社員を幸せにする覚悟、その為に社員数に見合った売上に伸ばすようアクセルを踏み続ける覚悟です。

しょぼい利益に目が眩み、人件費や営業費等の削ってはいけない経費削減のブレーキを踏んだら会社はそこまでと思わないと。

また、会社においても無駄に膨らんでしまった人件費は、会社にあった人事制度を作り運用していくことで、抑えることだって可能なんですから。

何でもかんでも経費削減なんて簡単な方法に逃げるのではなく、経営者は頭を使う方を選ばないと・・・誰の入知恵か分かりませんが、違法行為であるサービス残業なんて、多くの人が傷つく一番やってはいけないことです。

つまらない誘惑に負けそうになったら、なぜ起業したのかを、経営者は思い出して欲しいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000078-jij-soci
posted by 社労士さん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

宝くじを付けたらどうかな?

<国民年金保険料>納付率63.9%…2年連続低下

一度失った信頼を取り戻すのは難しいのかもしれませね。

政府や役所は大した手も打たない上に、ニュースやワイドショーでは、年金に関する負の一面ばかりをクローズアップするものだから、こういった情報が溢れる中で、今まで払っていなかった人が払うようになるなんていうのは、まぁ少ないでしょう。納付率が低下するのは当然です。

では、どうすれば良いのですかね。いくら国民年金はどの民間の個人年金よりも優れた金融商品だと喧伝したって、すぐに納付率が改善するとは思いません。そうこうしている間に税金が投入されて年金の給付額も引き下げられ、損をするのはちゃんと収めている国民です。

そこで思ったのが、何かビックリするような付加価値を年金に付けてはどうかと思ったのですが・・・

そう、例えば年金に宝くじを付けたらどうでしょう。

年金を納めて当選したら、年金に6億円を上乗せするとか。ヤッタァー
結構、宝くじが当たったらどうする?なんて会話になった時に、「貯金をする」って答える人もいますからね。

まぁ、今後の仕事にも差し支えるかもしれないので・・・
バカな話はこの辺で止めときます。

でも、このままではダメなことは分かっている訳ですから、何かしないと不味いですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000033-mai-soci


川野社会保険労務士事務所
http://www.syaroushi-office.com/
posted by 社労士さん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

「加ト吉」は加藤吉次郎の略

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000401-yom-soci

日本版SOX法の施行に伴ってどこも内部統制に取り組んでいる最中なのでしょう。今後、こういった粉飾決算絡みのニュースが次々と噴出するのでは無いかなぁ、と思っていました。

株をやっている人は、気をつけたほうが良いかもしれませんね。
posted by 社労士さん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

「修羅場で笑ってこそプロ」ですね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000249-jij-soci

「修羅場で笑えなければプロじゃない」
自分の好きな「プロフェッショナル仕事の流儀」で、テストドライバーの加藤博義さんが言っていた言葉です。

このニュースを見て、その言葉が真っ先に頭に浮かびました。

着陸後の引火の危険などを考えると、ギリギリまで減らすという選択は当然なのかもしれませんが、それが修羅場で冷静に出来るところが凄いですね。

でも自分は、飛行機が大嫌いなので、残り20分間しか燃料が残っていなかったと聞くだけで、足がさわさわしてきます。
posted by 社労士さん at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

会社に品格が無い

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000030-san-bus_all

派遣は便利。働かせるだけ働かせて、あとはポイッ!などと、気楽に考えていたのでしょうか?
今回のケースは、表沙汰にならないだけで、結構あることだと思います。

登録していた派遣会社も「派遣先の派遣労働者に対する直接雇用の申込み義務」を、もっと利用している会社に周知するべきですね。

まぁ、そんな、クライアントの都合が悪いことを派遣会社が言うとは絶対に思えないですけど。

タイガーだけ公表するのではなくて、登録していた派遣会社も公表されるべきではないのでしょうか。
共犯だと思いますよ。


posted by 社労士さん at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

時価総額を上げていかないと

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070218-00000201-yom-bus_all

会社法の施行で、外国の企業が日本企業を買収しやすくなるということは、ライブドアvsニッポン放送事件の時にはかなりの人が認知していたわけで、それから先延ばしも含めてこの2年間近く、各社はどんな努力をしてきたのでしょうか。

頭の良い人達が色々な対応策を考えたと思うのですが、そうして出てきたのが、今の場当たり的な買収予防策だったなら悲しいですね。正直いってあまり、新株発行とかの買収予防策も意味が無いような気がしますし。

やっぱり、基本に立ち返って時価総額を上げる努力をするのが一番なのでは、と思うのですが。分割したり、配当を厚くしたり、自分の頭だとありきたりのことしか浮かびませんが、今後、法が施行されることで、より一層こうしたニュースが多くなるかもしれません。こうしたニュースは、正直、あまり面白くないので、そうならないように、何とかして欲しいものです。
posted by 社労士さん at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

不正会計問題の再発防止策

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070213-00000115-yom-bus_all

08年度決算から日本版SOX法が施行されますね。

ちなみにSOX法とは、エンロンが粉飾決算が原因で破綻した時にアメリカで施行された法律で、簡単に言うと、結果として企業が出した情報やサービス、商品は、絶対に不正の無いプロセスを経て出たものだということを証明しなくてはダメですよ、というような内容で、主に財務会計の不正を絶対に許さないことを目的として施行されたものです。

ライブドアや村上ファンドの事件を経て、日本もいよいよ来年から施行されるわけですから、今回の日興のような事件も減るでしょう。
不二家や三菱自動車事件で無意味となりつつあるISOのようにならないことを願います。
posted by 社労士さん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慣れるのが一番怖い

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070213-00000006-kyt-l26

初めは悪いことだと分かっていても、集団でそれが当たり前になってくると、それ程悪いことだとは思わなくなってしまうことってありますよね。

「いじめ」とかが良い例かもしれませんが。
それほど人の意志は強くないのでしょう。常識なんてものは社会の目が合って初めて確立されるものですからね。仲間同士でやっていたら、何が悪いのかなんて分からなくなってしまうのかもしれません。

では組織は、一体どうすれば、そういった人たちを出さないように出来るのですかね。

生物は、快楽を得るためと苦痛から逃れるために行動すると言われています。

その辺りを追求すれば、きっと答えが出てくると思うのですが。
役所のように、平板な業務が多い職場では難しいのかもしれません。
posted by 社労士さん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

よっかたですね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070212-00000020-jij-soci

ニュースで沈没している船の映像を見た時には、この寒さだし生存は難しいのかと思いましたが、本当に良かったですね。

沈没の原因が衝突によるのではないかと言われていましたから、その真相が明らかになれば良いのですが。
カメラマンも乗っていたことですし、衝撃の瞬間がカメラに残っていることを期待したいです。

それにしても、生存していて本当に良かった。
posted by 社労士さん at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

残業代割増率、50%に引き上げ…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000017-yom-pol

『残業代割増率、50%に引き上げ…1か月80時間超で』
ビックリしましたね。
つい最近まで、ホワイトカラーエグゼプションが話題となっていて、残業代のカットが取り沙汰されていたと思ったいたら、一転して残業代割増率の引き上げですから。

政府は何処をみて政策を決めているのですかね。ホワイトカラーエグゼプションは、明らかに財界寄りの考え方で、今回の引き上げは労働者や一般市民寄りの考え方。

支持率が落ちている現状を見てのことだと思うのですが、八方美人は、上手くやらないと誰にも相手にされなくなる恐れがありますから気を付けないと。
posted by 社労士さん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

無資格助産の院長ら11人起訴猶予へ

ただでさえ、産婦人科の先生が不足しているというのに、実態に合わない法令の遵守を徹底していく姿勢を示すと、医療機関というよりも、利用する患者さんに不利益が被りますからね。

毎年、多くの法改正が行われていますが、特に医療現場というのは生命に関係する機関ですから、常に実態を把握して、利用者が不利にならない適切な法改正を進めて欲しいと思います。
posted by 社労士さん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

実質賃金は2年ぶり減少

景気も数年前と比べれば随分と良くなっているようですが、実質賃金は2年ぶり減少ですか。恐らく、給料は、微増か、または殆ど変わっていないのでしょう。どこも財布が固いですね。

会社の気持ちも分かります。基本給は簡単に上げたり下げたり出来ないですからね。

ですから、初めから、「業績手当」などといった手当を作っておいて、臨機応変に対応出来るようにしておくのが良いかもしれません。

テレビなどで景気の良い様子を見せられると、社員も「なんでオレだけ給料が上がらないんだ」などと会社に対して不信感を募らせる原因になる恐れがありますから。
posted by 社労士さん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。